製品紹介product

  1. ホーム
  2. 製品紹介
  3. UVカットフィルム

UVカットフィルム

紫外線と熱を完全遮断 新世代の高性能フィルム

 サンブロックフィルムは圧倒的な熱遮断(赤外線(IR)カット)性能に加え、紫外線(UV)カット率は完全100%を実現した高透明度フィルムです。

 誰もが体感できる広域熱遮断効果で室内や社内の過度な温度上昇を抑え、UVカット率100%の性能で内装の劣化や肌の日焼けを防止します。

 また、UV・IRを徹底的に遮断しながら可視光線だけは透過させるため室内が暗くなることはなく、快適な環境を整えます。その可視光線透過率は業界最高水準の90%であり、車のフロントガラスに貼り付けても問題なく車検を通過できるほどの透明度を有します。

UVカット率100%

 既に市場にはUVカット率99%を謳う製品が存在しています。しかし、それは1%の紫外線を透過させてしまっているという事実にほかなりません。日焼けやUVによる劣化は着実に進行するのです。ましてやUVカット機能を付与していない窓ガラスでは言うに及びません。

 さらに、単に1%の違いがあるというだけでなく、より大きな性能の違いがあるのです。一般的に紫外線とは波長200~380nmの電磁波のことを指しますが、UVカット率99%という製品の多くはそのうちの一部の波長(350~380nmの範囲のみなど)を99%遮断しているに過ぎず、他の波長は透過させてしまっているケースがあります。その場合、UVカット率99%なのに日に焼けるなどの事態が発生します。

 サンブロックフィルムは250~400nmの範囲にわたってカット率100%を誇るため、そういった心配は一切ありません。安心してご使用いただけます。(波長200~280nmの紫外線はオゾン層で遮断され、地表にはほぼ届かないとされています。)

 

圧倒的な熱遮断性能

 IRカット性能についてもUVカット性能と同様、波長780nm~2000nmまでの広い波長範囲にわたり最大99%のカット率を誇ります。広い波長範囲の赤外線を高い遮断率で防ぐ「高広域熱遮断」はサンブロックフィルムの特徴であり、その性能は一部波長範囲しか遮断できないIRカットフィルムとは一線を画します。誰もが効果を実感できるのはこれが理由です。

 このIRカット性能により空調効率が大幅に改善されるため光熱費の削減につながります。夏場、日光による室内温度上昇を防ぐのはもちろんのこと、冬場も室内の暖気が屋外へ逃げるのを抑えるため、一年を通して快適な住環境の実現の一助となります。これは単に電気代の節約という話にとどまらず、電気使用量の減少による化石燃料使用量の削減にも繋がります。ペアガラスサッシに施工することで断熱・遮熱の相乗効果を得つつUVカット機能を付与するといった贅沢性能も実現可能です。

 昨今声高に叫ばれているSDGsですが、快適な住環境を手に入れながらも未来の地球へより良い環境を残していけるというのも「サンブロックフィルム」の性能の一つと言えるかもしれません。

 

確かなプライベートから透き通る視界まで

 サンブロックフィルムはお客様のお好みにあわせて可視光透過率の異なるフィルムを各種取り揃えております。具体的には透過率5~90%とお車の後部座席やリアガラスに適したものからフロントガラスに施工可能なものまで幅広く、それでいてUVカット、IRカット機能は全製品に備わっております。また透過率の違いだけでなく、ミラー加工を施したタイプもラインナップしております。必ずお好みのフィルムが見つかるでしょう。

 

お問い合わせcontact

家庭用水から工業廃水まで、お気軽にご相談ください。

ディスポーザー