わたしたちのかけがえのない地球を守って 次世代の子供たちへ渡したいー


生きとし生ける地球上のすべてのものと調和を保ちたいー 快適で豊かな環境をつくり、限りある資源を
より多く残したいーその願いを宮惣は先進のケミカルリサイクルシステムでいま、着実に拓いていきます。


20世紀は驚異的な技術革新の世紀でもありました。 新技術に支えられたさまざまな発明は生活を飛躍的に
豊かなものにしましたが、一方では「大量生産 大量消費」への道をひた走ることにもなり、結果として
「大量廃棄」をも生み出してきました。


生活や産業活動によって排出される廃棄物は膨大な量にのぼって、処分能力も限界にきており、また資源の
枯渇やエネルギー消費の拡大などを考えると、21世紀は廃棄物をいかに抑制するかと同時に、排出されたものを
再び資源として活用していくシステムを確立しなければなりません。


新品を流通させる「動脈」と、リサイクル商品を流通させる「静脈」がスムーズに循環する社会への移行をめざして、わが国では2000年から2001年にかけては「循環型社会形成推進基本法」を筆頭に「容器包装リサイクル法」
「資源有効利用促進法」等があいついで制定されました。